2007年02月04日

TOEIランドナーの紹介(4) ブレーキ

風の強い一日でした。

TOEIランドナーのブレーキは、マファック クリテリウムを使います。
これも以前のランドナーでも使っていましたが、あまりの利きの悪さに、手放す一因になった物です。
しかし、古典的ランドナーといえば、マファッククリテは外せません。
利きは、シューのチューニングで何とかしたいと思います。

もちろん、そのままでは使いません。
バフ掛けします。
マファッククリテは、アルミ板の打ち抜きですので、端面がきれいではありません。
棒やすりから始めます。
小さい部品ですが、外周は思いのほか長く、結構時間がかかります。

その後、240番から2000番まで紙やすりで水研ぎ、ピカール、最後は青棒(コンパウンド)で仕上げです。
青棒は初めて使いましたが、綺麗になりますね。
電気ドリルを使うので楽ですが、室内では出来ないのが難点です。

やっと、1セットが終わりました。

Scimg5613

ヤスリ掛けの様子です。

Scimg5616

何もここまでやる必要は無いのでは?という声も聞こえてきますが、まー趣味ですから。
ここまで綺麗になると、クリアを吹いてこの状態を保持したいという気もしますが、バフ好きは決してクリアは吹かないのだそうです。
なぜなら、磨けなくなるから・・・
「磨くことが楽しい」ということですね。

自分はそこまでの境地には達していませんが、真っ黒になったピカールを拭き取った時にパアーと輝く面が出てくるのは気持ちが良いものです。
posted by Ted at 20:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 5自転車、部品の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかピカールが欲しくなっちゃうお話しですね^^
Posted by ayako at 2007年02月05日 11:53
こんばんは、ayakoさん。
最近の部品はアルマイト処理が施してあり、簡単にはバフ仕上げが出来ませんが(詳しい話は別途)、ピカールは汚れ落しなどにも有効ですので、持っていると便利だと思います。
Posted by Ted at 2007年02月07日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自転車が趣味な私。自転車の楽しさ
Excerpt: 最近、誰かと自転車に乗ってますか? 通勤で自転車に乗ってる人。 趣味で休日に自転車で出かける人。 近所への買い物などの際に自転車を使う人。 競技レベルで毎日自転車で頑張っている人。
Weblog: NEXTIME
Tracked: 2007-02-10 07:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。