2014年08月30日

シフトアウター破裂

久しく自転車ネタをUpしていませんので、久しぶりに。

1か月ほど前に、家内の予備自転車を借りて買い物に行ったら、ブチっという音と共にTopから変速できなくなってしまいました。

Checkしてみたら、変速用のアウターが破裂していました。

購入してから5年くらいでしょうか。 時々直射日光にさらされていましたので、劣化していたのでしょうね。

D7K_8545.jpg

今日涼しくなってから、全部を交換しました。

ちゃんと機能を保つためには、日頃のメンテが大切ですね。

posted by Ted at 20:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

パンク修理

みなさん、パンク修理していますか?
最近はパンクすると、チューブを新品に交換して、パンクしたチューブを捨ててしまう人が多いようですが・・・・・

自分は、一度は修理します。 昔は修理するのが当たり前でしたからね。

P1050656.jpg

先日、ポタリング中にパンク、もちろん予備チューブを持っていましたので、交換して空気を入れていると、圧が上がりません。
なんと、一度も使っていないチューブに穴が空いていました。2,3年前に購入したものなので文句も言えませんが、新品なのに・・・

イージーパッチも持っていましたので、問題なく家まで戻れました。

今回のパンクの原因は、一度修理したパッチがはがれてしまったことによるものでした。
パンク修理したものは、使わない方がよいのでしょうが、それにしても最近のパンク糊は昔のトルエン溶剤を使ったものに比べると接着力が弱いような気がします。
それと、自分のやすり掛けが不十分だったのだのでしょうね。反省。

そういえば、昔の自転車屋さんは、やすりではなく、軽石で擦っていましたね。懐かしい。

もう一本、同じように新品に穴が開いていましたので、今日はまとめて3本のパンク修理をしました。ふーー。

今回の成果は、あらためてイージーパッチの有効性を確認できことですね。今後も携帯することにします。
posted by Ted at 20:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

小物は大事

本当は今頃はイグアスの滝を観ているはずだったのですが....

久しぶりのメンテネタです。

家人の普段使いの自転車から異音がするとのこと。
まー何かが擦れているのかな、と軽い気持ちで調べてみると、確かにリヤタイヤの回転が重い。
ハブのグリースアップでもしてみるかと動かしてみると、ヘッドがガタガタ。
ヘッドのグリースアップも必要なのか、とバラしてみると、リテーナが割れています。
困った、手持ちがないぞ。

近所の自転車店を2店回りましたが、在庫がありません。
結局クルマで片道12q走って、やっと手に入れることが出来ました。
部品代は210円。ん?ガソリン代のほうが高いぞ。

P1040553.jpg

前後ハブのグリースアップ、ヘッドのリテーナー交換、グリースアップ、ブレーキ調整、チェーンの給脂、ボスフリーにも給脂。
アウター類も交換したかったけど、また次の機会に。

結構時間がかかりました。小物の在庫は重要ですね。
しかし、今の自転車屋さんは、ヘッドのメンテなんかしないのでしょうか?
posted by Ted at 20:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

自転車メンテ&八丁湖

昨日はとても風の強い一日でした。
長男がなんと1040gのカーボンモノコックロードフレームを購入したので、その組み立てにつきあいました。
まずは足りない部品の買い出しに、前橋のタキザワまで高速を飛ばして行ってきました。
タキザワに行くのは初めてですが、通販カタログと同じ(それ以下)の品揃えにちょっとがっかり。カタログには載っていない商品がたくさんが並んでいるのかと思っていました。

夜までかかってほとんど組み上がりました、ちょっとだけ試乗。
軽いというのは、いいもんですね。
しかし、フレームはペラペラで、何かにぶつけたら破れそうです。やっぱり自分には無理かな。


で、今日は自分の自転車をメンテ。

CRAFTEDは、来週行われるクラシックロードの集いのレギュレーションに合わせて、ハンドル回りとペダルを変更しました。

今回のお題は、敷島の大和心を見せてくれ!

★参加車(クラシックロード)のレギュレーション

・ブレーキアウター付き

・変速はエルゴ&STI不可(Wレバーもしくはバーエンド・コントロールその他)

・ビンディング・ペダル不可(トウクリップ&ストラップ装着が望ましい)

・7段変速まで


手持ちの部品で組み付けましたので、見た目は今一つですが、とりあえず参加できる状態になりました。

s-PICT0003.jpg

次は、通勤スポルティーフ。
ブレーキを後ろ三角の中に移設してみました。
フレームはBSレイダックなのですが、アウターの出口が右にありますので、これに普通のサイドプルを組み合わせるとワイヤーの取り回しが難しいのです。
新しいのレイアウトだと、見た目にすっきりしますし、サドルバッグをつけた時に邪魔になるものがありませんので、一石二鳥です。
ただし、それでなくてもショートゲージでシューがタイヤぎりぎりなので、ブレーキングのモーメントで、タイヤに干渉しないかちょっと心配です。まーちょっとこの仕様で様子を見てみましょう。

s-PICT0009.jpg

午後から、ちょっと散歩に出ました。
八丁湖の桜は、昨日の強風を耐えたようです。

s-DSC_0039.jpg

今日の鳥は、エナガです。

s-DSC_0044.jpg

それと、コジュウケイのつがい。ここでコジュウケイを見たのは初めてです。

s-DSC_0084.jpg

あっという間の3連休でした。
posted by Ted at 21:00| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

Wheel組み

長ーく楽しんでしまいました。
組み始めてから2ヶ月以上。部品購入からは2年ぐらいかかったでしょうか。

雨の週末、時間があったので久しぶりに自転車いじりです。
前輪を組んだのは2ヶ月前。
後輪を組み始めたら、フリー側のスポーク長が長すぎて短いのをNetで注文したりして、結局組上がったのは今日になってしまいました。

s-PICT4890.jpg

ついでにフリーボディも予備のものと交換しました。
予備のフリーは、ウィナープロ7Sで、13,14,15,16,17,18,19という歯数、今の自分にはとても使えないものです。
そうかといって使わないのはもったいないので、信頼性をあげるためにボディーだけは新しいものに変えてみました。
ちなみに使っている歯数は、13,14,15,17,20,23,26。

このあとCRAFTEDは、フロントをトリプルにする予定です。
posted by Ted at 22:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

CRAFTEDを大人のロードに

雨ですね。

こんな日は、たまっている作業をこなしましょう。

我が家で唯一のチューブラーであるCRAFTEDを、クリンチャーに組み替えることにしました。

チューブラーはメンテは面倒なのですが、乗り心地が魅力だし、一台くらいはという気持ちがあって、なかなか決心がつきませんでした。

クリンチャーのリムは、1年以上も前に購入していたMAVIC のOpen Proです。

ARAYAのAERO4からの変更です。

OpenProの方が若干内径が小さいのですが、スポークはそのまま使えそうです。

ニップルは新品を使います。

s-PICT4530.jpg

今日は前輪のみで終了。

s-PICT4532.jpg

のんびり楽しみます。
posted by Ted at 21:38| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

フレーム再生

通勤用スポルティーフをレストア中です。

今日は、やっとフレームに着手。
このフレームは、BSのレイダックという、アルミパイプ+アルミラグの接合フレームです。

HPを外し、シールを削り取り、アルミラグを削り、塗装を剥がし、だいたい半分ほど終了した所で終了。
今日はここまで、まだまだ先は長い。

s-PICT3682-1.jpg

色はまだ決めていません。
何色にしましょうか?
posted by Ted at 21:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

秋の雨の日

雨の一日、こんな日はメンテです。
やりたいこと、やるべきことが山積しています。

まずは、ホィール組みをしました。
我が家にはチューブラーが2台あります。
乗り心地や軽さは魅力なのですが、やはり面倒。
とくにツーリングの時には、予備を2本持っていきますので、それだけでもかなりの荷物になってしまいます。
ということで、クリンチャー化を計画していました。かなり前に、リムも入手済み。

今日手がけたのは、通勤用スポルティーフに使うホィールです。
今までつけていたホィールは、次男がビゴーレロードにつけて持っていってしまいましたので、ビゴーレロードにつけていたチューブラーのホィールが残ったというわけです。

ハブは600アルテグラ 7速です。
入手したリムはアラヤのRT-520 36穴。
鳩目も打っていないものですが、通勤には十分でしょう。
最近は36穴はなかなか入手が難しくなりました。

s-PICT3675.jpg

今日はこれだけ、もう一組には手が付きませんでした。
CRAFTRED用ですが、Open Proを用意してあります。
いつ組めるやら。
posted by Ted at 20:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

簡易組み立て台

子供が普段乗りロードを一台組むというので、簡易組み立て台を作ってみました。

ご覧のように、木製で、フロントフォークをクイックで固定します。
BB部を高くしましたので、FD,RDの調整も出来ます。

ありあわせの材料で、30分ほどで作りました。
修正すべき点もありますが、結構使えます。

s-20070415-1.jpg
posted by Ted at 22:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 3いじる楽しみ(メカ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

New weapon

Trek9900のサスフォークを変更しました。

FoxForx Float100Rです。
なかなか評判が良いサスです。
HPも同時に交換しました。

ますます平地の舗装路だけでは、勿体無いBikeになってきました。
さて、どこに誘い出しましょうか?

Foxfloat

2006年03月11日

ツーリングロードへの道(Crafted)

良い天気になりましたね。
しかし、今週はずーと風邪を引いて調子が悪く、だいぶ良くはなって来ましたが、念のため、今日は走らないことにしました。

とはいっても、寝ているほどではないので、メンテです。

4/9に予定されているサンツアーミーティングにはCraftedで参加する予定ですが、このCraftedの課題を解決します。

これが今までのCrafted。

crafted.jpg

これが今日の最終形です。

crafted0311

どこが違うかお分かりでしょうか。

まず、ギヤ関係に手を入れました。
サンツアーミーティングのコースとなる栗山周辺は、結構な勾配があり、今までのギヤ比ではちょっとつらくなってきました。

フロントは、今までLOOKに使っていた50*38を移植します。
アウターがDURA、インナーがSuperb Pro、クランクはSuperb Proという組み合わせです。
これで52*39 → 50*38になりました。

次はフリーです。
Craftedは、ボスタイプのWINNER Pro 13,14,15,17,19,21,23を使っています。
通勤用のスポルティーフ(泥除け付ロード)は、αフリー 14,16,18,20,23,26を使っています。
今回はこの2つのフリーのロー側3枚を入れ替えることにしました。

ボスタイプのフリーは、こんな感じで分解します。
スプロケット外し(通称「ヌンチャク」)を2つ使います。
最近のカセットタイプは1つしか使いませんが、ボスタイプは2つ必要なのです。

free1

これで、Craftedは 13,14,15,17,20,23,26 とワイドレシオになりました。
通勤用スポルティーフは、14,16,18,19,21,23 になり、平地用には使いやすそうなギヤ比になりました。

free21

次は、ブレーキレバーパッドです。
今まで付いていた純正品は、劣化して切れていますので、以前購入しておいた600アルテグラのものと交換しました。
600アルテグラのパッドは、内側に専用の突起がありますので、それをナイフで削り取ります。
そうすれば、ほぼピッタリ。
同時にバーテープも交換です。
今まではチネリのコルク黒でしたが、今回はSILVAのコルク。手触りはグッと良くなりました。

色は、レバーパッドの白、バーテープの白、灰、黒のまだら模様、と、今までと全く違う印象になりました。
実はバーテープはLOOK用に買い置きしていたもの。フレームの青に合っていない感じですね。
フレームが白だったら合いそうです。傷も多いし、再塗装しますか。

Craftedは、サンツアー度が少し落ちましたが、グッと使いやすくなりました。

2006年02月11日

釜屋の蔵開き & TREKのBBメンテ

毎年2月の第2土曜日は、清酒「力士」でおなじみの騎西町にある釜屋の蔵開きの日です。
自転車ではないのですが、家族で出かけました。
@Niftyでの募集もあり、多くのサイクリストの方々も訪れていました。

kamaya

帰ってから、TREK9900のBBをメンテしました。
TREK9900のBBは、ちょっと前のXTR、BB-M950です。

bb1

このBB、ラジアル荷重(半径方向の力)はニードルベアリングで、スラスト荷重(軸方向力)はカップ&コーンの小さなボールベアリングで受けるという、非常に凝った構造です。
力学的には理にかなった構造で軽量化が可能ですが、構造が複雑でメンテが大変、ダストには比較的弱い(ニードルBRGに入ると逃げ難い)ためだと思いますが、短命だったBBです。

新たに購入した専用工具で分解してみると、プラスチック製のケージにニードルとボールが並んでいます。
それを全部バラバラにし、洗浄後、グリースで一つずつ貼り付けていきます。
結構、細かな作業です。

bb2

再組み立ては、ボールが小さいためか、限りなくゼロに近いガタを見つけるのが難しかったのですが、ほぼ満足のいく結果かな?

2006年01月08日

LOOKメンテ

昨日、NETで注文しておいた部品が届いたので、LOOKをメンテ。

まずは、HP。
とりあえず、別の銘柄の下玉押しを装着し、何とか走れるようにした。
じっくりと部品探しをするつもり。

HPの磨耗は、ガタが原因だと思われる。
もっと早くメンテしていれば、問題なかったはず。反省。

次は、クランク。
昨年購入しておいたコスペアを装着。
BBはBB-6500にした。
BB幅は68mmのもので合っているはずなのだが、締めこんでも1mm強の隙間がある。
スペーサを入れないと・・・。(宿題)

それとチェーンラインが少し外に出た。
FDの調整をするが、まだ完璧ではない。(宿題)

それよりも、クランクとアウターの間にある、チェーンの食い込み防止ピンのねじ部が長く、スパイクピンよりもインナー側に出ており、チェーンが引っかかる。
削らないと・・・・。(宿題)
もう少し気を使ってほしいな、Suginoさん。

cospea20060108

たくさんの宿題が残った。
いやー、自転車は手がかかりますね。

2006年01月04日

HPトラブル

新年早々ですが、トラブルです。
昨年から、LOOKの調子が悪く、この休みを利用してメンテをすることにしました。
トラブルとは、かすかにハンドルが引っかかるのです。手放し運転が出来ません。

分解してみると、案の定、下玉押しが凹んでいます。
それ以外のパーツは問題ありません。

hp0

カーボンの塗装は剥がれ易いようで、見える部分は分厚いプライマーが塗布してあります。
コラム部分は、スチールのコラムの下側にカーボンが巻き付けてあり、そのカーボン部分は、プライマーが無いため少し剥がれています。
ついでなので、重量を測ってみました。
425g、年代物のフォークとしては結構軽いかな?

hp2

HPは、HP-7400です。
規格(サイズ)はBSCで、コラム圧入部分はφ26.4です。

NETで検索してみると、HP-7410の下玉押しは何軒かが扱っているようですが、HP-7410はシールドBRGタイプのため使えません。
何とかしないと。

2005年10月16日

整備指導???

昨日は、家族ポタでもと考えていたのですが、ポツリポツリと降り出す雨で断念。
長男の自転車整備に付き合うことになりました。

整備の内容は、変速用ワイヤーの変更です。
アウターとインナーは、買い置きがあったのですが、アウターキャップが足りません。
急遽、市内で一番大きな自転車店に行ったのですが、アウターキャップ単品は置いていないとのこと。
こんな時は、近くにスポーツサイクルを扱っているお店が無いと不便ですね。
仕方が無く、古いアウターから外すことにしましたが、かしめてあるタイプだったので、外すのも新しいアウターに入れるのも一苦労です。

今回は、長男の通学用MTBだったので、基本的にはアドバイスするだけに留めようと思っていたのですが、どうしても手が出てしまいますね。
でも、ほとんどは長男が自分でしていました。子供は親の背中を見て育つ???

20051015

2005年08月07日

小径車のHUB整備

明日から小旅行に出かける予定である。
例年であれば、家族そろって妻の実家である鳥取で夏休みを過ごすのであるが、今年は各々の日程が合わず長期的に出かけることができない。
鳥取は、海あり山ありで、釣り、海水浴、ハイキングと、遊びには事欠かない。それが無い訳であるから、非常に寂しい夏休みになりそうな予感がする。
そこで小旅行をすることにしたのであるが、現地でちょっとポタリングでも出来ればと思って、折り畳み小径車を持って行く事にした。

最近、夫婦でのカーサイクリング時には、DAHONを妻に召し上げられた状態になっているので、自分はもらい物の16"のシングルスピードの折り畳み小径車を使っている。

その小径車を点検したところ、後輪のHUBに若干のガタがあったので調整することにした。
バラしてみると、ベアリングはリテーナ(保持器)式になっていた。玉をなくす心配がなくてよいのだが、玉数が少なくなるので強度的には不利になるし、厳密に言えばフリクションも増えるはずである。

この小径車は走行距離が少ないので、グリースの汚れはほとんどなかった。
ただし、一般的に、安物のHUBは、グリースの量が少なめなので、十分に補給しておく。

HUBの玉当たり調整であるが、自分の場合は「限りなく隙間0に近いガタ」を目指している。
少しプリロードを掛けた方が、ホィールの剛性は上がるのであろうが、自分のような走りでは、剛性よりもフリクションロスを最小限にしたい。(一般的な整備要領書は未確認。あくまで自分のやり方を紹介します。)
最終確認方法は、まず、組みあがったホィールのHUB軸を持ち、回してゴリゴリしないことを確認、次に、振ったり、捻ったり、軽く落としてみたりしてガタを感じなければOKである。前後輪共に、4,5回調整してOKになった。
hub20050807

2005年07月03日

山サイ車の整備

今日は、友人のK氏が新車を作ったとの事で、そのデビューランの予定だったのだが、降水確率50%という天気予報のため中止とした。
実は、昨日、急に仕事で出勤することになったので、たとえ天気が良かったとしても、中止せざるを得なかったのではあるが。

天気予報は当たらず、曇りで時折日差しもあり、走っていればなかなか楽しいデビューランになったはずである。
残念。
K氏の新車は、最近の走り方を考慮し、色々なアイディアが詰まったBikeのようだ。
次の機会に期待しよう。

仕事は早めに終わったので、夕方からは自転車いじり。

5月に「トラ車をもう少し使おう計画」という企画で改造したGIANTであるが、気になる所が残っており、部品もそろったので、少し手を加えてみた。

まずは、シフトケーブルのアウターの交換。
前回は、シフト用のアウターが手持ちに無く、近くの自転車店にも気に入ったものがなかったので、ブレーキ用のアウターで代用していた。しかし、アウターとインナーのがたのため、特にシフトアップ側でインナーが遊んでしまい、たまにシフトが追従しないときがあった。
入手したシフト用のアウターは、色がハイテクグレー、外径5mmのものである。

ご存知の方が多いとは思うが、ブレーキ用とシフト用のアウターは構造が違う。ブレーキ用は、細い板状の金属を軸線に対し深い角度で巻いてあり、曲げ易い構造になっている。それに対し、シフト用のアウターは、ほぼ軸線方向に硬めのワイヤーで巻いてあり、曲げにくいが、縮みにくく、変速性能への悪影響が出にくい構造になっている。
トライアルでは、ブレーキのタッチを良くする為に、ブレーキにもシフト用のアウターを使う人もいる。インナーの径は、ブレーキのほうが太いのであるが、問題なく入るのである。

次はFDの交換。今までMAGA9のクランク、7段用FD、8段用シフターを組み合わせていたのだが、やはりFDのプレートの幅が足りず、フリーの幅全部をカバーできなかった。
つまり、トップの時とローの時で、どちらもチェーンと当たらないというセッティングが出来なかったのである。
MAGA9用のFDも手元にあったのだが、埋め込みNUTがなめており、使えない状態だった。
今回、かしめを削り取ってNUTを交換し、使えるようにしたので、7段用のFDと交換してみた。
結果はほぼOK。まだちょっと改善の余地が残っている。いずれ対策して報告したいと思う。

最後にハンドルバーとブレーキレバーのセッティングを変更してみた。
今まででも、通常より前に倒したセッティングになっていたが、今回それをさらに強くしてみた。
これは腰をサドルから浮かした状態で乗ることが多いので、それに合わせているためである。

この山サイ車は、担ぎや押し上げの多い場合に使い、靴はトレッキングシューズを前提としているのでフラットペダルを装着している。
それに対し、林道がメインの場合には、SPDペダルを装着したKLEINを、と用途に応じたセッティングにしているつもりであるが、なかなか使い分けは難しい。

giant450

2005年05月08日

ホィール組みのこだわり

今日は昨日に引き続きトラ車を改造したのだが、色々と予期せぬトラブルもあり、ホィール組みとケーブルの取り付けでほぼ丸一日かかってしまった。

ホィール組みは色々とこだわる人が多いようだが、自分なりのこだわりをすこし書いてみたい。

まずは、基本的な組み方。
ラジアルだとかタンジェントだとか、6本取り(組み)だとか、そういうやつである。
最近はラジアル組み(リヤだとフリーの反対側だけラジアルとか)を採用する人が多いようだが、今回は乗り心地重視で8本取り(組み)とした。

8本取り(組み)というと、えっ?と思われた方もいると思うが、実はリヤは36Hなのである。
フロントは32Hで、前後でスポーク数を変えている。トライアルでは、リヤの負荷が高いので、採用している人が多い。ちょっとしたこだわり?である。

ホィール組み

次は、スポークの方向。JISとかイタリアンとか井上式とか、色々あるようだが、本当に強度に違いがあるのだろうか。これにはあまりこだわりは無く、普通のJIS組みである。
(詳しいHPがあるので、ここでは詳細は省略する)

次は、見た目。
ハブのマークとリムのマーク(バルブ穴)を合わせるというものだ。
まず、前提として、ホィールはどちらが上でどちらが表かということを考える必要がある。
バルブが上で、フリー側が表というのが、一般的なようだ。
つまり、そう置いたときに、タイヤ、ハブ、リムのマークすべてが正しく見えるように組む必要がある。

しかし、個人的には、バルブを下にした方が安定して見えると思っているので、それを前提で組むことにしている。
今回使用したハブには、対称位置2箇所にマークがあったので、どちらでもOKだったのだが・・・

最後は、スポークテンション。
テンションメーターを持っていないので、あくまでも勘の範囲ではあるが、いつもは高め(硬め)に組むようにしている。その方が、シャキとした乗り味になるような気がするし、狂いも少ない。
名人が組んだホィールは、柔らかくても狂わないとの事である。
今回は、用途も用途なので、ちょっと柔らかめに組んでみた。
どうなることか。
狂えば振れ取りすれば良いと考えれば気も楽だ。

トラ車をもう少し使おう計画

あっという間に10日間の連休が終わろうとしている。
この連休にやろうと考えていたのに、まだ手が付いていない事がある。

「トラ車」の「山サイ車」化である。
DSCF0091.JPG

最近は全くトライアルらしきことをやっていない。従って、トラ車を使う機会がほとんどない。
もっと有効活用したい。ということで、「山サイ車」への転用計画を考えていたのだが、なかなかまとまった時間がとれなかった。

やりたいことは、
(1)油圧ブレーキ→Vブレーキ ・・・山でトラブルになった時、対応しやすい。油圧はホースが木に引っかかって抜けたらアウトである。
(2)フロントのディレーラーを付ける・・・やっぱり手で変速するのは面倒
(3)ポジション変更・・・ステムを長くして通常のポジションに近く
(4)手元変速・・・トライアルでは変速することは滅多に無いので、後シフトレバーはシートの後ろにつけていた
(5)フリーハブの変更・・・トライアルで酷使されフリーのラチェット音が弱くなっている
以上である。
部品は、手持ち+オークションなどで準備が出来ている。
parts-450

午前中、作業を開始。しかし、ワイヤー類が足りないことが判明し、午後から買いに出ることにした。
天気予報どおり、午前中の曇天が嘘の様に晴れ渡り、自転車での買い物は店までの往復の何倍もの距離を走ることになってしまった。(笑)
帰宅したのは18時。(総走行距離87km)(爆)
今日はここまで、残りは明日だ。

2004年12月26日

ブレーキシュー交換

KLEINのブレーキシューを交換した。

ブレーキはXTを使っている。
XTは、パラレルリンクで、しかもゴムだけの交換ができるので、非常に簡単な作業である。

交換したシューは写真のような状態だった。
リヤ(写真の奥側)は限界だった。フロント側はもう少し使えそうだったが、ついでに交換。

9月の田代山峠、安ケ森峠の時、豪雨の中を走ったのだが、ダートの雨中ダウンヒルはシューに厳しい。
ブレーキを掛ける度に、減るのがわかる。一日でなくなってしまう。

交換後のブレーキフィーリングは、だいぶグニャとして、剛性感がなくなってしまった。

shoe

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。