2007年12月31日

クリスマスプレゼント&お年玉

やっと風邪が良くなりました。
寝込むほどではないのですが、2週間ほど、のどの痛みや頭痛が続きました。
年を取ったせいでしょうか。

今年の最終日となる本日、注文しておいた品物が届きました。
自分へのクリスマスプレゼント兼お年玉です。

ハンディGPS etrex vista hcxです。
今までforetrex 101を使ってきましたが、
・やはり地図が欲しい
・101が接点不良でPCと通信できなくなった
・山の中でロストすることが多く、感度の良いGPSが欲しい
・やはりカラー表示、USB、・・・
ということで、購入を決めました。

正月休みをこれで遊びたいと思います。

s-PICT3892.jpg

今年も残すところ、2時間弱になりました。
皆様には、色々とお世話になりました。
良いお年を!
posted by Ted at 22:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

第4回伊佐沼バヴァルダージュ(自転車フリマ)

第4回伊佐沼バヴァルダージュ(自転車フリマ)に行ってきました。
自転車フリマといえば関戸橋ですが、関戸橋は遠い、そして朝が早い。

伊佐沼は家から自転車でも1時間ほどで行けます。
ここで自転車フリマがあるとの情報を入手し、ぜひ行ってみたいと思っていました。

昨日LAMPの手直しが終了した、TOEIランドナーを引っ張り出し、9時前に出発。
伊佐沼には9:50到着しました。

伊佐沼では、漁師さんでしょうか、数艘の船が投網を打っていました。
s-PICT3811.jpg

伊佐沼公園に入り、フリマの場所を探しましたが、最初に見つけた所には自転車関係のお店は無し。
ちょっと離れたところにありました。

着いた時には、サンツアーミーティングでご一緒したことがあるNARUさんともう一方の二人だけの出店でした。
1時間ほどで離れましたが、最後には4店ほどの出店になりました。
非常に小じんまりとしたフリマですが、お客さん達とも気楽に話が出来て、非常にアットホームな感じでした。

s-PICT3824.jpg

フリマに来ていた方の'65年? Cinelliです。

s-PICT3823.jpg

こんなフリマもいいですね。我が家にも不用品がありますので次回は出品したいと思います。
posted by Ted at 21:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

倒立スタンド

泥除け、ランプなど、自転車を逆さにしてメンテすることが多々ありますが、アウタード、つまりブレーキワイヤー上出しタイプのブレーキレバーが装着された自転車の場合は、ブレーキワイヤーが邪魔になります。

ということで、倒立スタンドを作ってみました。有り合わせの材料で作ったので、改良すべき点はありますが、結構使えますね。

s-PICT3737-0.jpg
posted by Ted at 23:17| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

関戸橋フリマ

関戸橋のフリマに行ってきました。

数年前に一度行った事がありますので、今回が2度目となります。

車で行きましたが、家を出たのが8時半、着いたのは10時半を過ぎていました。

こんな時間では、めぼしいものはありません。
結局、H商会でギヤ板を一枚買っただけでした。

s-PICT3625.jpg

午後からは、車を止めた府中郷土の森を見学しました。

s-PICT3635.jpg

ここで、こんなものを発見。
石(コンクリート)の自転車台です。
タイヤが傷みそうですが、味がありますね。

s-PICT3647.jpg

帰りは、渋滞がひどいので、大泉から関越に乗りました。
いやー、この辺の地理に不案内で、裏道を知らない自分にとっては、関戸橋(多摩川)は日光よりも遠い。(距離は半分以下ですが・・・)
posted by Ted at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

魔物

魔物・・・ 本当にマニアックな、凝りに凝った自転車を魔物と呼ぶ人達がいる。

そんな自転車ばかりを集めたのがこの本だ。
雨の週末、こんな本をのんびりと眺めてみる。

s-mamono5.jpg


自分が自転車の世界にのめり込み始めた頃、確かにRene HERSEは憧れだった。
この本には、シクロランドナーを装備したRene HERSEに近づこうとした自転車も多く掲載されている。
しかし、自分はシクロランドナーが欲しいと思ったことは無い。
やはり自分にとって美しいと感じられる自転車は70年代なのだと思う。
posted by Ted at 23:26| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

L'EQUIPE

仕事で1週間、フランスに行ってきました。

郊外のホテルに泊まったので、まったく観光は無し。
買い物も空港だけという状態でしたので、自転車店めぐりなどは夢のまた夢。

そんな中でも、一つだけとっても良いものを手に入れました。

L'EQUIPEのツールドフランス特集です。
ご存知のように、ツールは約100年前に、この新聞の広告として始まりました。

s-L'Equipe1.jpg

中はコースの紹介や

s-L'Equipe2.jpg

選手の紹介など

s-L'Equipe3.jpg

テレビのスポーツニュースでも、ヴィノクロフがトップで紹介されていました。
でもフランス語なので内容はさっぱり。

久しぶりのヨーロッパでしたが、やはりヨーロッパは遠い。
今回は乗り換えもあったので、家を出てからホテルに着くまで23時間。
食べ物も、やっぱり炊き立てのご飯に漬物が一番だと思いました。
posted by Ted at 14:04| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

遅まきながら

20070630.JPG自転車愛好家の間で評判になっているのは知っていましたが、今までなかなか購入する機会がありませんでした。

先日、近所の図書館で見つけ、早速借用してみました。

「自転車依存症」というタイトルは、グッと引き付けるものがありますね。
内容的には、自転車の増殖とカメラの章で、「そうそう」と頷くものがありました。

ネオパンSSS、トライX、懐かしいですね。
研究室で、100ftのロールからパトローネに巻き取って使っていました。
月光とか、ミクロファインなんて、名称も思い出しました。

posted by Ted at 21:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

香港みやげ

長男が香港に行き、買って帰ったおみやげです。
一冊は「CYCLE SPORT」、内容は自転車レース中心です。
もう一冊は、「mbr(Mountain Bike Rider)」、名前の通りMTB中心の内容です。
それ以外は、mbrの付録です。

両方とも101香港ドル、1500円位です。

香港の雑誌かと思いましたが、残念ながら英国の雑誌でした。

Sube0

面白いBikeがありました。
これなら雪道も登れそうです。

Sube1
posted by Ted at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

自転車を楽しむ

いよいよ夏休みも終わり、明日から仕事です。

今日まで、一週間ほど鳥取の夏を堪能してきました。
海釣り、トレッキング、磯遊び、・・・。
海も山も。
それから、おいしい魚介類と果物。
満足です。

鳥取の道の駅では、こんなものを見つけました。

Jitensha
posted by Ted at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

花便り3(山野草)

花便り第3報。

今日、秩父の大霧山で出会った山野草たちです。
帰宅後、図鑑で名前を調べてみたのですが、もし違っているようでしたらご指摘ください。

まずは、「ヒトリシズカ」
Hitorisizuka

「チゴユリ」です。
Chigoyuri



「イカリソウ」です。
Ikarisou

「ジュウニヒトエ」です。
Jyuunihitoe

「オオマムシグサ」だと思います。
Oomamushi

「スミレ」もまだ咲いていました。
Sumire

その他、ヘビイチゴ、ヤマブキ等々、春の花たちが目を楽しませてくれました。
それに加え、多くの鳥の声が耳を楽しませてくれました。

サイクリングの途中に、ふっと路傍の草花を見つけ、さっと名前が浮かぶって良いですよね。
あこがれています。
鳥の名前を、鳴声だけで言い当てるというのもあこがれますが、これはもっと難しそうです。
posted by Ted at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

花便り

埼玉北部の花便りをお届けします。

騎西の玉敷神社の大藤です。
4/30に訪れましたが、五分咲き位でしょうか。
今週末ぐらいが見頃だと思います。
Fuji

伊那の町制記念公園のバラです。
5/1に訪れました。
インターネットの情報では「見頃」だったのですが、まだまだでした。
(どこかのHPで「見頃」だったのですが、公式HPでは「まだまだ」でした)
5月末位かも知れません。
Rose

それから、東松山のぼたん園もこの季節が最高だと思います。

ポタリングの参考にしてみてください。
posted by Ted at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

春の花、色とりどり

北本周辺の桜の見所を紹介します。
荒川CRからも近いので、ポタリングのコースに組み入れてはいかがでしょうか。

まずは、高尾さくら公園
ここは、比較的新しい公園のため、それぞれの木は若いのですが、多くの品種が植えられています。
早咲きのさくらは満開でした。

sakura1

sakura2

北本の高尾周辺は、果樹園が多く、梅、杏、桃が競演していました。

momo

その後、自然観察公園まで足を伸ばし、エドヒガンザクラを見てきました。
この桜は、高さ29m、樹齢は約200年。
今が満開。多くの方が見に来ていました。

edohigansakura

来週は、高尾さくら公園で「さくらまつり」が開催され、多くの出店が出るはずです。
近くを走る方は、ちょっと足を伸ばしてみて下さい。

しかし、今日は多くの春の花を見ました。黄、白、桃、赤、紫、青、・・・色とりどり。
良い季節ですね。
posted by Ted at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

うめーわぁーさいーたか、さくーらーわぁっまだかいな?

今日は、自転車通勤。
最近、だいたい週一のペースを守っています。

通勤コースとしている北本の城ヶ谷堤の桜並木の桜はもう少しです。

sakura

自然観察公園のエドヒガンザクラは、今週末が満開のようですので、日曜日にでも訪れてみたいと思います。

今週末の土曜日は、大名栗林道を走る予定です。
一昨年の12月以来、実に1年3ヶ月ぶりです。
日陰には雪が残っているかもしれませんが、久しぶりのロングダートをのんびりと楽しんで来ようと思っています。

9:30名栗湖畔のカヌー工房横の駐車場に集合です。興味のある方は是非ご一緒に。
posted by Ted at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

フライ&わらしべ

自転車に関係する食べ物ねたを紹介してみたい。

今日は、自転車ではないのだが、道の駅「いちごの里よしみ」にイチゴを買いに行った。
この道の駅は、荒川CRからさほど離れていない(御成橋から西に2kmほど)ので、サイクリング途中の休息を取る方も多いと思う。

ここに、行田名物「フライ」の屋台が出ていた。

furai0

「フライ+焼きそば」で300円。油も少なめで、まあまあの味だった。

furai1

昼食は、こじまさんのBLOGに紹介されており、一度食べて見たいと思っていた小川町の「わらしべ」に行った。
このお店にはFELTが天井からぶら下がっていたり、自転車関係の本がおいてあったり、自転車のにほいがプンプン。

メニューはこんな感じ。
有機野菜で健康的。

warashibe0


warashibe1

ピタパンサンドのセットを注文してみた。
ピタパン2個(今日は3種類から選べた)に、スープ(またはサラダかソフトドリンク)が付き、
warashibe2

さらにデザートが付いて700円。
このデザートは◎。

warashibe3

サイクリングのベース、小川町に良いお店を見つけた。
posted by Ted at 20:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

素晴らしき自転車の旅

久しぶりに自転車関係の本を読んだ。

平凡社新書の白鳥和也著 「素晴らしき自転車の旅」である。
BOOK-Shiratori

自転車でのツーリングを楽しみたいと思っている方に参考になると思う。

しかし、最後のツーリングエッセイには何と無い物足りなさを感じた。
写真が無いのが一番の理由だと思う。
本当なら、文字や行間から情景を思い巡らせなければならないのだろうが、最近のNetでの写真豊富なツーレポに慣れた自分には、難しいのか。ちょっと寂しい・・・。
posted by Ted at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

自転車の原体験

「自転車にハマル」、自分の場合も結構自転車に関わっている時間が長いので、そう言っても良いのだろう。
では、なぜ?どんな切っ掛けでそうなってしまったのだろうか?

記憶をたどってみると、

自分が自転車に乗れるようになったのは、たぶん小学校の2年か3年の頃で、同級生の中ではけっして早いほうではなかった。

まともに車道を走れるようになった頃、祖父と家からちょっと離れた里山に、神棚に飾る榊を取りに行った。
もちろん自転車で行ったわけだが、それが自分にとって初めての遠乗りだったと思う。
今でも記憶に残っているので、当時の自分にとってはかなりの冒険だったのに違いない。

実家はちょっとした台地の上にあり、里山には坂を下っていかなければならないのだが、初めての長い坂道に思いっきりブレーキを掛け、体中が強張っていたようだ。
祖父から、「そんなに力いっぱいブレーキを掛けなくても良い。もっと力を抜いて。」と言われたことを覚えている。

風を切る爽快感、祖父の後ろを追いかけながら、自分自身の力で走っている楽しさを味わっていた。
それが、自分の自転車原体験だと思っている。

祖父は自転車が好きだった。
自動車の運転が出来なかった祖父は、どこに行くにも自転車だった。
若い頃は、自転車の選手だったと父から教えてもらったことがある。
まさかプロではないと思うが、どの程度の選手だったのを聞き漏らしてしまった。

大正か昭和初期のことなのだろうと思うが、茨城の実家から東京まで、130km程もある舗装されていない道を往復したこともあるとのこと、自分にもやっぱりその血が流れているのだろう。

その後、小学校5年のときに、セミドロップハンドルの5段変速のスポーツ車を買ってもらい、中学の時に友達の影響を受けて、ドロップハンドルに変え、フロントをダブルにし、RDを島野のクレーンに変え、と、多くのサイクリストがたどったのと同じ道を歩いてきたわけだ。

こんな話を書く気になったという事は、年を取った証拠なんでしょうね。
posted by Ted at 12:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

F.パターソンのペン画展

F.パターソンをご存知だろうか。
自転車の雑誌を読んでいる方なら、名前は知らなくても、ペン画を見たことがあるかもしれない。

自分が持っていた自転車関係の古い書籍は、ほとんどを手放してしまったが、このペン画集だけは手元に残してある。
イギリスの田園風景に、サドルバッグをつけた、所謂、クラブモデルが自然に溶け込み、なんともいえない、穏やかさがある。
pater1

pater3

その展覧会が、昨年あったようだ。
見つけるのが、ちょっと遅かった。残念。
posted by Ted at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2006

今年は、まだ本格的に自転車には乗っていません。
1/7 天気が良ければ、走り初めをしようかと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。
posted by Ted at 15:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

大晦日に一年を振り返る

今日は大晦日。2005年の最終日である。

自分のBLOGを1月からたどり、今年一年を振り返ってみる。

初参加のサンツアーミーティング霞ヶ浦東岸の快走初めての200kmOver途中で時間切れとなった渡良瀬川走破30年振りに走った鳥首峠、どれも思い出に残るサイクリングだった。

お気に入りの大名栗林道は1度も走っていない。昨年は3度も走ったのに。

全体的には、ちょこちょこと走った一年だった。
自転車通勤も、昨年の倍以上もした。(昨年は5回)
しかし、あまり遠出をしていない。

昨年走った、安ケ森峠天丸峠などまた走ってみたい。
一昨年のサイクリングで印象に残った、戸隠・白馬の残雪もまた見てみたい。
戸隠


それから、来年は、Niftyのオフへの参加や、BLOGにコメントをいただいた方々と走ってみたいと思っている。
(自分の場合、基本的には土曜日に走って、日曜日はのんびりというパターンなので、日曜日に開催されるイベントが多く、なかなか参加できなかった。)

今年一年、一緒に走っていただいた方々、「自転車を楽しむ」BLOGにお付き合い頂いた方々、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
posted by Ted at 10:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

テールランプホルダー(アルミリベットは便利です)

例年なら9月にあるべき「秋の長雨」が、少し遅れているようです。
こんな時は、ちょっとした工作で、楽しみながら自転車ライフを充実させましょう。

サドルバッグは大きいのから小さいのまで数種類を使い分けていますが、テールランプホルダー(ベルト)が無いものがあり、何とかしたいと思っていました。
そこで、自作となるわけですが、このような用途に便利なのがアルミリベットです。
アルミリベットは、もともとはK氏から教えてもらったのですが、簡単便利で確実に固定できますので、結構使う機会が多くなっています。

用意するものは、
ナイロンベルト80mm位(今回は短パンに付いていたベルトの切れ端を使いました)
皮ポンチφ4mm
アルミリベットφ4mm*長さ8mm*2本
ワッシャφ4mm*2個
だけです。

完成後はこんな感じでテールランプが付きます。
TLH-1

作り方は、大体想像が付くと思いますので、詳しくは書きませんが、注意点を2,3挙げておきます。
・ナイロンベルトは両端を折って2重にする。その時アイロンで折り目をつけ、接着剤で張り合わせるとしっかりする。
・布製品は、抜けやすくなるので大き目のワッシャを入れると良い。
(今回は、あまり荷重もかからないので、普通のワッシャです)
・アルミリベットをハンマーでつぶすとき、アルミのワッシャをピンセットなどで押し付けるときれいにつぶれます。
TLH-2

TLH-3

アルミリベットは、6mm、8mm、10mmなどが販売されていますが、挟み込む厚さによって長さを変えてください。今回は10mmを使いましたが、ちょっと長すぎました。8mmがBestだと思います。
posted by Ted at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 6関連する楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。